お金を蓄える知恵

年末調整の生命保険控除はこれで簡単にできる

年末調整を白紙で提出して会社の担当の人頼みにしてませんか?

担当の人が間違えていても、白紙でいても文句いえないですよ?

大丈夫でしょうか?

年末調整で書類提出めんどくさいが、国への意思表示

年末調整の書類の提出が面倒ではありますが、ちょっとミスをするだけで損をすることがかなりあります。

そもそも年末調整とは何かというイメージを掴んで下さい。

年末調整とは簡単にいうと、給与所得の人の超簡単版確定申告のイメージです。

所得のある日本国民の確定申告を税務署が一気に引き受けると手間が増えてとてもではないですがさばききれません。

そのために給与しか所得がない人は会社を経由して年末調整ですべて完結してもらおうといった仕組みです。

つまり、年末調整は会社を間接的に挟んで行う税務署への申告なのです

Contentsへ戻る

所得税は申告納税方式という仕組みが採用されている

日本の所得税では申告納税方式という仕組みが採用されています。

この仕組みは名前の通り自分の所得を自分から申告して納税してくださいという仕組みです。

つまり、税負担が少なくなる可能性があっても自分からそれを申告書で申告しなければ税負担は減りません。
(ちなみに間違って少なく申告した場合はペナルティがあります。)

無知は完全に損をする仕組みになっています。

また会社は年末調整のときに従業員の申告が間違っていると教えてくれることがありますが、親切でやってくれています。

生命保険料控除も保険会社からくる保険料控除証明書だけ提出して白紙で出す行為は申告は白紙(申告自体は無し)と同じような行為とみなされる可能性するあるのではないでしょうか。

しっかり正しい数字を自分で書けるようになる必要があるのです。

Contentsへ戻る

生命保険料控除はこれを使えば簡単にできる

第一生命の生命保険料控除額計算サポートツールというものがあります

このサイトのツールを使用すると控除証明書に記載してある数字を入力するだけで年末調整の書式にあわせて書かないといけない金額を表示してくれます。

手元に控除証明書が揃っていればそれほど時間も要しないので使ってみて下さい。

Contentsへ戻る