お金を蓄える知恵

パソコンを安く買うにはWPS Officeを別売りで買うのが正解

パソコンを買うときに何かしら目的がみなさんあると思います。

ネットサーフィン、資料作成、動画視聴等々

その目的によって当然必要なスペックが変わり理解した上で選択するだけで数万円の節約に繋がります。

 

ワード、エクセル、パワーポイントはマイクロソフトではないものを選択する

ワードやエクセル、パワーポイントはマイクロソフトのものが付属した状態で販売されているものがあります。

これらのソフトはかなり高価なものになりますので、外すだけで2万円ほど安くなることもあります。

マイクロソフトのオフィスのシリーズはいくつか種類がありますが、付属ではなく別で購入すると結構な値段です。

ただし、どうしてもオフィスソフトが欲しいという人はマイクロソフト以外で一度検討してみて欲しいです。

 

Contentsへ戻る

マイクロソフト以外の具体的な選択肢

具体的にはこちらのWPS Office Standard Editionは私も利用しているものです。

 

マイクロソフトのワード、エクセル、パワーポイントともかなりの精度で互換性があります。

個人的には困ることはほとんどないです。

キングソフトWPSオフィスの無料体験版があるのでダウンロードして実際に使ってください。使用してもらえれば不足に感じないと思います。

少しだけショートカットキーが対応していないことを感じますが、普通に作業するレベルなら問題ないように思っています。

 

Contentsへ戻る

複数台で利用したい場合にはクラウド型のMicrosoft 365もあり

複数台パソコンを持っている場合には台数分コストが発生しますが、Microsoft 365なら同時にサインイン5台までは定額となっています。

一方で毎月コストが発生してしまいますが、一括購入するものと比較しても3年分くらいに価格が抑えられています。

またソフトの最新版がリリースされたときにはクラウドなどで料金内で自動で更新してくれます。

買い切りの方を購入すると最新版リリースのときは導入している複数のパソコンすべてで最新にはならず、対応したい場合には台数分のコストが発生します。

複数台のPCやスマホ、タブレットなどで作業をしたい場合にはMicrosoft 365の選択肢が吉です。

 

Contentsへ戻る