お金を蓄える知恵

配当金を楽天銀行で受け取るだけで現金が貰える

配当金を楽天銀行で受け取るだけで1件ごとに現金が貰えるキャンペーンが楽天銀行にはあります。

このキャンペーンは2020年10月現在まで継続して行われているキャンペーンです。

株式等を保有して配当金を受けるとことがある人は行動してみる価値があるものだと思います。

かんたんな設定:配当金の受け取り方

証券口座を開設すると通常、株式数比例配分方式というものが選択されます。

他にもいくつかの受取方式がありますが、登録配当金受領口座方式に変更するだけで指定の銀行口座で配当金を受け取ることができるようになります。

証券口座が複数あると1つずつ設定するのが面倒だと思うかもしれないですが、そんな必要はありません。

配当金の受取方法は証券保管振替機構(ほふり)から各証券会社で共有がされることになります。

そのため1つの証券会社で登録配当金受領口座方式に変更すれば自動的にすべての証券会社で変更がされていきます。

株式数比例配分方式
複数の証券口座を保有している場合に保有数に比例して配当金を各証券口座に配分する方式

登録配当金受領口座方式
すべての証券口座で保有している株式等の配当金を1つの金融機関の口座で受け取る方式

 

Contentsへ戻る

キャンペーンへのエントリーが毎月必ず必要

楽天銀行のこのキャンペーンは2020年10月時点で入金1件につき10円もらえます。

注意なのは毎月キャンペーンへのエントリーが必要になります。

楽天銀行のキャンペーンエントリーはこちらから

 

Contentsへ戻る

1株の配当金でも配当があれば現金が貰える

1株の配当金でも1件につき10円がもらえます。

四半期で配当金がある銘柄については10円×年間4回=40円
40円分利回りを上げることができることになります。

SBIネオモバイル証券では1株から株式を取得することができるので1株200円の銘柄が年間2回の配当の場合は20円貰えることになります。

20円÷200円=10%の利回り

SBIネオモバイル証券以外でも1株から購入することができますが手数料が割高になってしまうので1株から購入するならSBIネオモバイル証券が良いような気がします。


Contentsへ戻る

ETFなら手数料無料でリーズナブルに買える

少ない資金でキャンペーンの恩恵を受ければその分利回りが増えるので銘柄選びは重要です。

最近ネット証券では1日数十万円分までの購入時手数料が無料なところが増えています。

株式を購入しようとするとそれでも資金が必要になりキャンペーンの恩恵が小さくなりますがETFなら小さい金額で恩恵を受けられます

例えば、iシェアーズ S&P500 米国株 ETF(1655)であれば、1口から購入することができ、1口3,000円もせずに年間2回分配金を受け取ることができます。

他にもETFなら1口から少ない資金で購入できる銘柄が多々あるので探してみると良いものが見つかるかもしれないです。

 

Contentsへ戻る