健康への投資

20代のヘルニア持ちへ捧ぐ

20代で私はヘルニア持ちになってしまいました。

ちょっとしたスポーツでの事故が原因だったのですが、この年齢ですでに腰が不安になるというのは多くの人よりもハンデがある状況です。

過ぎたことは仕方がないので、少しでも健康でいるためにと意識しています。

そんなこともあり健康へ投資ををすることもいまは心がけています。

 

 

筋肉をつけて腰への負担を減らす

ヘルニアと一言で言ってもいろいろあるのですが、椎間板ヘルニアといわれるものに私はなります。

腰の神経に痛みがでることもあるのと、神経はつながっているので痛い日は脚にも痛みが走ります。

今ヘルニアになりたての人にも絶対にオススメしないのですが、少し落ち着いている今は筋トレでスクワットをするようにしています。

スクワットは足腰と腹筋を鍛えることができ、重いものを持つときの腰への直接的な負担を減らすことができると思い始めました。

成果につながっているか否かはわかりませんが、安心感が違います。

Contentsへ戻る

重いものを持つときはボディメカニクスという身体の使い方で負担を減らす

生活しているとどうしても重い荷物を持つときがまだ20代だとあります。

そういったときに毎回不安になり、腰が引けた持ち方になりがちになります。

私はボディメカニクスというものをたまたま介護関係の仕事をしている知人に教えてもらう機会があり知りました。

ボディメカニクスとは身体の使い方・動かし方や力学的なものを利用して必要な力や負担を軽くすることを目的とした技術だそうです。

特に介護業界ですと、高齢者といっても人間ですので人間の力で支えようとすると、介護をする側が体力的にも消耗してしまいます。支えられる側・支える側の毎日の負担を軽くするために業界的には必要なもののようです。

ボディメカニクスのおかげで、重いものを持つときは身体を引き付けて持ち、重心を近づけることによって力を伝えやすくしたり、腰を落とし重心を下げることによって腰への負担を減らすことができるようになりました。

Contentsへ戻る

腰以外への健康にも気を配るようにする

 

アンチエイジングにより身体の年齢を若く保ち、腰の消耗を少なくすることや、腰以外の身体のすべての健康を維持することにも気を配るようになりました。

低温調理器による料理で身体の老化を防ぎ(アンチエイジング)腰やそれ以外の負担を減らしたり、回復をはやくするように努めています。

低温調理料理は疲れにくく、内臓から若い身体が作れる低温調理器があれば簡単に疲れにくく、内臓から若い身体づくりが可能です。 しかも美味しい!はじめて食べたとき、え?お店の味?というか...

Contentsへ戻る

身体は資本、大事だよ

身体は資本で、これがないとお金も稼ぐことが難しくなります。

それに本当はお金があったらしたかったこともできなくなってしまいます。

お金のための投資ではなく、その先のお金があるときに使える状態であるためにも健康へも投資をしていってみてください。

 

good life!

 

created by Rinker
東京電機大学出版局

 

Contentsへ戻る