時間への投資

食洗器は1年で10日分の超時短

食洗器を買って持っている人と持たずに自分で洗っている人とでは1年で10日も時間の使い方に差がでているので、
食洗器が3年も壊れずに使えたら1か月分も買った方が時間を得してる計算になってしまう。

1カ月も時間があればその時間を使って余裕で食洗器くらいもう1台買えるのでは・・・?

食洗器は1年で10日分以上も超時短できる

食器洗いは1回当たり20分以上かかっています。
これは様々な調査での出されている数字で、家族構成や環境で異なることもありますが、
いずれの研究でも20分超の数字がでています。

1年間食洗器を保有すると、10日分以上の時短が可能になります。

1回20分で3回分の食事を365日繰り返すと・・・
20分×3回×365日=365時間
365時間÷24時間(1日)=15日

実際には、食洗器に入れる時間など細かい誤差はありますが時短効果は最強クラスです。

買わない理由がないことを数字で示す

シンプルに考えると機械が働いてくれる時間分、あなたが稼ぐことができれば損しなくなります。

1年間で10日分機械が働いてくれるということは、
10日分のお給料が食洗器の金額を超えていれば1年で元を取ることができる計算です。

より考えると1年で食洗器が壊れても保証が効くでしょうから、1年以上働いてくれるのはほぼ間違いないです。

ちなみに私が保有している食洗器はパナソニック食器洗い乾燥機 NP-TCM4 というタイプ

購入時に42,000円ほどでした。

1カ月のお給料のうち、1/3(10日分)はさすが42,000円超えているので、
時間単価を考えると余裕で素を取っている計算になります。

ちなみに、2020年8月時点で全国の最低賃金で700円を下回るところはありません。
700円×8時間×10日=56,000円

だれでも食洗器を買った方が得をします!
むしろ下回っているところでお勤めの方、完全にブラックなのでやめた方がいいです・・・

電気代が高くなるでしょ?そんな問題はすぐ解決

個人的には電気代が高くなっている気はしません。

結局、手で洗う場合は、水道代+ガス台が発生しているのに対して、
機械の場合は、水道代+電気代に集約されているだけです。

機械の場合は、少ない水できれいにしてくれるので水道も節水できるわけですし、
仮に手で洗うよりコストが増えているとしても自分の時間単価で考えるとほぼ損はしません。

どうしても気になるなら食洗器で一番電気代が発生する食器乾燥を行わなければ、
もう一段階節電できるわけなので小さい問題を考えるよりも行動したほうが確実にいいです。

ちなみに電気も契約先を変えるだけで節約できるので合わせて行動してほしいです。

楽天でんきにすると電気料金が激減する理由 Contents 電気代を検討しないことはかなりもったいない 楽天でんきがオススメな理由 オススメな理由その1...

 

 

設置場所がない場合はどうしたらいい?そんな問題も解決策がある

設置場所がないという方は、水がタンク式の食洗器だと設置場所の自由度が増えます。

設置場所ががんばれば用意できそうな人は頑張ったほうがいいです。
結局タンク式だと洗うたびに水を補充する時間が必要で、時短がしたくて用意した食洗器のメリットが薄くなってしまうからです。
ただ、設置場所がないのでは?と最初からあきらめている人は考えてみて欲しいです。

私の場合は、設置場所の用意から設置まですべて自分でやりました。
どうせ外すときも自分でやるので設置を自分でやったほうが良いのは明らかです。

行動しない理由をいろいろ考えるより、行動したほうが良い理由を考えて行動したほうが絶対良いです。
たった1年で元がとれて、以降はずっと利益にしかなりません。
いつやりますか?

good life!

自分の1時間の価値と向き合おう自分の時間の価値を知らないまま生活していると無駄な節約をして、チャンスを掴むことができなくなります 時間の使い方は人それぞれで、経...