節約のこと

賃貸物件の火災保険は何も考えていないと2倍以上高く払っている

無知はどんどんお金が減っていきます。

賃貸物件の火災保険も知らないといつの間にか2倍以上損していることがあります。

知っているだけで損がなくなり、しかもそれ以後は永遠にお得な生活が続きますのでここで学んで行動してみて下さい。

賃貸物件の火災保険はめちゃめちゃ安くなる

賃貸物件の火災保険ですが、仲介会社に言われるがまま、知識がないままに加入してないですか?

物件と保証内容にもよりますが、たとえば仲介会社から提示される保険料が年間1万円であれば、おそらく4000円くらいになると思います。

なぜ保険料が高かったのか、それは仲介会社がその分利益を取っているということと、保証が過大になっている可能性があるからです。

つまり、自分で保険に加入して、適正な保証にすれば必然的に安くなります。

仲介会社の保険は、仲介会社の利益が乗っているのと、保証が過大になっているから、自分で適正なものを選べば当然に安くなる

Contentsへ戻る

どうやって自分で保険に加入するのか

私が加入している保険は後で紹介します。

当たり前といえば当たり前なのですが、自分の保険は自分で選ぶ権利があるはずです。

賃貸物件をいまから選ぶ方は、借りるときの見積もりだとかのタイミングで自分で加入したい旨を伝えてみてください。

それでも仲介会社が押してくるなら、おそらくその仲介会社は良くないので、別の会社から仲介してもらうか、次の方法で試してみて下さい。

仲介会社から押し切られた人、最初に伝える自信がない人、そしてすでに割高だと思われる火災保険に加入している人は、1回加入して即解約するのがいいと思います。

解約すると返金されます。当然、1度加入しているので全額返金とまではいきませんが、すぐに解約すれば返金も多いです。

また、解約と同時に新しい保険に加入するようにしてください。

それでも、仲介会社から勧められた保険に1年間入り続けるより安くすむはずです。

最初に仲介会社からの保険に入った人、いますでに入っている人は即解約して新しい保険に加入するのがいいかもしれない。
新しい保険は見積もりが取れるので金額と比較すれば確実

Contentsへ戻る

 

火災保険を安くする答え

私が加入している保険は、日新火災海上保険株式会社お部屋を借りるときの保険、という商品に加入しています。

金額は4000円です。
しかも、いまの物件を借りるときに仲介会社から紹介された物件よりも保証内容は良いです。

自分で保証内容を選ぶのに不安がある人は、どの程度の保証が最低必要か仲介会社に確認するのも良いかもしれません。
もしくは、仲介会社が勧めてくる保険のパンフレットをもらうようにしてみて下さい。おそらく、その商品の保証内容が記載されているので、それを目安に選べば良いです。

自分で選ぶのが不安な人は、仲介会社が勧める保険のパンフレットをもらって参考にすればOK
火災保険の多くは簡単にネット見積もりがとれるので、損しないことを確認したらGO!

 

Contentsへ戻る

具体的な火災保険の選び方

火災保険の値段はこまめに変動があります。

それほど大きな差はないのですが、最初は火災保険の一括見積もりサービス
で自分の条件であればどの程度の金額か調べてみましょう。

物件の条件、そのときどきによって最もお得な保険会社は本当に良く変わります。

ただし、最も重要なのは自分の必要な補償内容を把握することです。

高い金額を払えば補償が手厚くなるのは当たり前で、必要なものとそれは異なります。それは仲介会社が勧めてくる保険をベースに検討してみると良いでしょう。

火災保険は商品がコロコロ変わるので一括見積で最適なものを探すのがベスト

大事なのは自分にとって必要最低県の補償を把握すること、今の保険の補償をベースに検討しよう

good life!



 

Contentsへ戻る