資産運用記録

歴史的な雇用統計

歴史的な雇用統計、予想の段階での衝撃

本日、5月8日は歴史的な米国雇用統計が公表されました。
本日公表されたのは、4月の非農業雇用者数でした。

まず市場予想からとんでもない数字がでてきており、その数字はなんと前月比

2200万人の減少

新型コロナウィルスの影響で停滞した経済は雇用者を一気に減らすとの予想が立てられました。
この数字は過去数年にわたっての雇用の増加を一撃で消し去るものでした。

あくまでこの数字は予想ではあるものの、予想の段階でこの数字が出てきたのは衝撃的でした。

予想に対する結果はどうだったのか

結果は、2050万人の減少でした。

予想よりは良い数字ですが、1カ月でこれだけの雇用者が一気に減少したことになります。

その時、為替はどう動いた

私は、この雇用統計に対して為替のポジションは持つことはしておりませんでした。
リスクが高いということもあったのですが、すでに織り込まれていて妙味がないと考えたからです。

実際の為替の動きはというと、あれ・・・?という程度の動きでした。
やはり織り込まれていたようです。

歴史的な数字に対する動きとしては本当に拍子抜けといえるものでした。

経験ではこういったイベントは難しいうえに、チャンスも意外と少ないのでロットを少なくするかポジションを無くすことをお勧めします。

 

 

 

雇用統計で見える今後の格差の拡大 雇用統計で見える今後の格差の拡大 先日の雇用統計における平均時給をみたときに、 あれ、なんじゃこれ?どういうこと...