楽天経済圏

楽天証券のハッピープログラムが改悪されたので投資信託を一気に売却しました

楽天証券のハッピープログラムでいままではお得だった

どのようにお得だったかについては、いまとなっては過去の話なので割愛します。簡単にいうと…

  1. 楽天証券と楽天銀行をマネーブリッジという連携をさせる。
  2. そのうえで楽天証券側で一定の設定をして投資信託を購入する。
  3. そうすると楽天ポイントが投資信託1本に対して3ポイント楽天ポイントが入るというもの

超簡単にいうとこのような感じですが、本当に超簡単にいってます。実際にはいろんな制限がありました。過去の話なので割愛しますが。 結果としては、投資信託を100円分購入すると3ポイント手に入るのでその時点で運用益が3%確定していました。

スキームの整理

上記のスキーム用に (超)低リスクと思われる投資信託の購入をしていました。

いままでは、

(超)低リスク→ (超)低リターン+3%利益

今後は、

(超)低リスク→ (超)低リターン

以上の図式となり、信託報酬を支払うことを考えると現金で持つことと投資信託で持つこととの差のメリットが感じられなくなりました。

改悪後の投資行動の変化

このスキーム用に取得した投資信託のほとんどを売却するという選択をしました。

幸いスタートするタイミングが良かったのか投資信託単体でも利益がでていたため売却益を出して終了です。

 

配当金を楽天銀行で受け取るだけで現金が貰える配当金を楽天銀行で受け取るだけで1件ごとに現金が貰えるキャンペーンが楽天銀行にはあります。 このキャンペーンは2020年10月現在...