税金のこと

株などの配当金があれば確定申告するだけで節税できる!?

株などの配当金があれば確定申告するだけで節税できる!?

ちょうど知り合いと確定申告の話をしていました。
配当金があるなら確定申告した方がよくない?
源泉徴収されている税金が還付してもらえるんじゃない?

そもそも株式等の配当金は源泉徴収されている。

株式等の配当金は、20%の税率で源泉徴収されています。
すでに源泉徴収されていて納税が済んでいるため確定申告が必要ないのです。

総合課税と分離課税とがある。

株式の配当金には総合課税と分離課税とがあります。

総合課税は、
給与所得等との所得と総合(合算)し計算し、
その所得に応じた税率をかけて課税される方式です。
総合課税は所得に応じて段階的に税率が上がる累進課税を採用しているので
所得が少なければ税率も少ないこと​となります。

一方で、分離課税は、
給与所得等とは、別で配当所得に係る税金を計算します。
税率は源泉徴収と同じ20%です。
また、株式等との損益通算ができるようになっています。

総合課税と分離課税とをどちらを選べばいいの?​

総合課税は、税率が低いところから0%から段階的にあり、
20%以下になる人は総合課税を選択したほうが良いでしょう。
あなたの所得税率と20%との税率差がそのまま節税につながります。
また、20%以下としているのは、
20%であっても配当控除の適用を受けられることがあるため、
(もちろん20%未満の人も配当控除が受けられることはあります。)
配当控除の控除額がそのまま節税につながるでしょう。

分離課税を選択すると良い方は、
総合課税と逆に20%超の税率が適用される方です。
20%とあなたの所得税率との税率差がそのまま節税につながります。
また、株式の譲渡所得と損益通算ができるため、
株の譲渡で損失が出ており、その損失が配当所得を上回っている場合は、
分離課税が良いでしょう。