りきぺでぃあのこと

2018年末時点の私の投資・投機設備環境

2019年2月 私の投資・投機の設備環境が更新されました!


私の投資・投機環境といっても、
年間100万円も金融商品取引で運用益を出していないのでそんなやつに興味がないという方はここまでが推奨です。

2018年末時点の環境についてまとめていきたいと思います。
私の取引設備環境は、だいたい5つにわかれていると思います。

取引環境5項目

1.ノートパソコン
2.モニター
3.デスクトップパソコン
4.タブレット
5.スマホ

1.ノートパソコン

同じノートパソコンを探したのですが、楽天で見つからなかったです…
古すぎるのでしょうか?
マウスコンピューターの

MB-BN24C432SW-ZNAというものを使用しています。
新品で35000円しなかったと記憶しています。
また、これだけではやや性能に不足があるかと思ったのでメモリだけ増設してます。
増設もそんなに難しくなくググったら超がつくほど簡単にできる方法がでてきます。
安く買って安くパワーアップして設備投資の額を回収し、さらに再投資ができるからおススメです!
メモリは4000円しないのが相場だと思います。

2.モニター

モニターはさきほどのノートパソコンにHDMIケーブルで接続して、
片方でチャートをみて片方で作業をしながらということができるようにしています。
価格はネトゲが好きな知り合いから安価で譲ってもらったので参考でお伝えできないです。

モニターははじめて間もない人にはいらないかもしれませんし、
わざわざ買うのも大変かなと思います。
ただ有ったらあったで他の作業もできて結構便利なので資金に余裕がでたら買ってみるといいでしょう

3.デスクトップパソコン

デスクトップパソコンも先のモニターの通りネトゲが好きな知り合いから安価で譲ってもらったものです
これまた金額が参考にならないでしょう。
また、このデスクトップPCは自作していたものなので同一のものをネットで探して情報を共有できなくてもうしわけないです。
基本的な活躍の仕方は、自動売買を稼働させておくための設備なので普段こちらが触ることはほとんどないです。
一番なくても良いものかもしれないです。

4.タブレット

タブレットは購入してからもう7~8年くらいたっているiPadです
こんなに古いiPadなのでカクカク動くのですが、
唯一の使い方がプライスチェックです。
気になるFXの通貨ペアを6つまで同時に表示することができ、
かつ文字も大きいので結構見やすいんです。
これも無くても良い気がします。

5.スマホ

スマホは取引のために購入しているわけではないです。
ただしこのスマホに変える前はガラケーだったので
取引できる環境というのは大いに検討する要素に含まれていました。
Huawei P9 LITEといわれるスマホで
これも当時20,000円しない価格で購入した記憶があります。
購入するときに唯一気にしたのはメモリのサイズです。
このスマホは安価なラインで希望のメモリサイズを超えていたので決定しました。
正直スマホはそこそこ新しければ取引で十分な働きをするのではないかなと思ってます
そもそもスマホでそんなに激しく取引しないっていうのもあるのですが

私が思う購入推奨順位

ノートパソコン>スマホ>タブレット>モニター>デスクトップパソコン
※左から高い推奨度です

最後に

私は一番最初は投資のための設備投資をするのは気が引けていたので
結構安いところで揃えていると思います。
あまりにも安いと活躍してくれないということもあると思いますが、
少なくとも今回紹介しているのは私の使用しているまたは使用していたものなので全くダメということは
ないと思ってます。
利益がでて徐々に用意していけば確定申告のときの経費にももちろんなるので一つずつが良いでしょう。
あまり環境といっても何を紹介しようかと迷ってしまったのでこれが知りたい!というのがあれば
別に紹介したいと思います。